格安スマホの通話料金は高い?格安スマホに関する噂を徹底解説

MENU

CLOSE

格安スマホの通話料金は高い?格安スマホに関する噂を徹底解説

通話料が高くなってしまう?

a291bde774c4d857ee97d98de7d5da47_s

格安SIMで契約を行う格安スマホですが、通話料金が高くなってしまうという噂があります。ただこれに関しては、一部事実です。確かに、格安SIMで契約を行うことによって、通話料金が大手キャリアで契約していたときよりも、高くなってしまうこともあります。

なぜこのようなことが起きてしまうのかと言うと、格安SIMを扱うMVNO業者には、通話プランがそれほど多く存在しないからです。大手キャリアの場合、かけ放題プランというような、通話を無制限に定額で行えるプランが多く存在します。

もしも格安SIMで契約を行い、定額制プランに加入していないにも関わらず、大手キャリアと契約していたときと同じような使い方をしてしまうと、とんでもない通話料金を請求されてしまうことになるのです。そして、実際にそのような人が声をあげたために、格安SIMと契約をすると通話料金が上がってしまうという噂が広まったのです。

新たな通話プランが誕生し始めている

MVNO業者が誕生し始めた頃は、通話料金は確実に高くなってしまうという状況でしたが、最近ではその状況も変わっています。通話料金に関する不満が多く出た結果、MVNO業者の多くが、新たな通話プランを打ち出してきたからです。大手キャリアと同じ、定額制プランが存在する業者もありますし、最初の数分間だけ無料で通話できるというプランを提示している業者もあります。

大手キャリアほど豊富な通話プランとはまだ言えませんが、それでも昔に比べれば、通話料金を安くすることも可能になってきました。そのため、通話料金が高くなってしまうという噂は、今ではほとんど嘘の噂となっているのです。

通信速度が遅くなってしまう?

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

格安スマホに乗り換えてしまうと、通信速度が遅くなってしまい、動画などをスムーズに見られなくなってしまうという噂があります。これに関しては、半分本当で半分は嘘です。基本的に、大手キャリアとMVNO業者の通信速度は同じ程度です。

ただし、通信量が増える昼や夜の時間帯になると話が変わってきます。MVNO業者は通信量が増すと、それらを全て処理することができず、通信速度が遅くなってしまうのです。なぜこのようなことが起きるのかというと、MVNOの通信設備は大手キャリアほど充実していないからです。

MVNO業者は通信設備をレンタルしている

そもそもMVNO業者は自社で通信設備を所有しているわけではありません。大手キャリアが所有している通信設備の一部をレンタルしているのです。そのため、レンタルしている通信設備の量が少ない場合、通信速度に制限がかかってしまうことが度々あります。

逆に言えば、MVNO業者であっても、多くの通信設備をレンタルしている場合は、通信量が増える時間帯になっても、通信速度が落ちることは少ないということです。

事前に通信速度を確認して契約しよう

MVNO業者によって、通信設備をどれだけレンタルしているかということは変わってきます。それはつまり、MVNO業者によって格安スマホの通信速度は変わってくるということになるのです。ただ、MVNOがどれだけ通信設備をレンタルしているかということは、消費者には分かりづらい部分があります。

どれだけホームページで安心と書かれていても、実際に使用すると遅いこともあるからです。そのような時に重要になってくるのは、事前にネットで通信速度に関する口コミを確認することです。口コミであれば良い意見だけではなく、正直な厳しい意見も見ることができるので、かなり参考になります。様々な口コミを比較して、一番満足度が高いMVNO業者を選びましょう。

顧客が急増しているMVNO業者は危険

通信速度に関する満足度が高いとはいっても、契約して数ヶ月経つと、通信速度が遅くなってしまうこともあります。先ほども紹介したように、通信速度はデータ量に左右されます。そのため、使用する人が増えればその分、遅くなる可能性が高いということであり、顧客数を急激に伸ばしているMVNO業者は、通信設備の増量が間に合わず、通信速度が遅くなってしまう可能性があるのです。

とはいえ、それまでは顧客満足度が高かったということを考えれば、すぐに通信設備の増量を検討するでしょう。ただ、一時的に不便を感じる可能性があるので注意が必要です。

安過ぎる月額料金には裏がある?

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

格安スマホの一番の魅力といえば、その安さです。しかし、あまりにも安いがあまり、そこには何か裏があるのではないかと勘繰ってしまう人もいます。格安スマホがこれだけ安い月額料金を設定できるのは、先ほども紹介したように、通信設備をレンタルしているからです。

通信設備を所有すると、定期的にメンテナンスを行わなければなりません。そのための人件費というのはかなりの額になってしまうのですが、MVNO業者はレンタルしているので、そのようなメンテナンス費用を支払う必要がありません。そのため、安い金額を設定することができるのです。

ショップがないことで人件費が浮く

MVNO業者は大手キャリアのように、店舗が存在しないことが多いです。そのせいで発生する不都合もあるのですが、そのおかげで人件費を浮かせることができ、MVNO業者は安く値段を設定することができています。

契約などの手続きは全てネットで行うことができるような運営をしているので、店舗がなくても運営できているのです。これにより手続きもスムーズに進み、簡単に終えることができるので、店舗がないということがMVNO業者の一つの武器にもなっています。

購入後のサポートがまったくない?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

MVNO業者には、購入後のサポートがまったくないという噂がありますが、これは嘘です。まったくないということはありません。しかし、やはり大手キャリアのサポートと比較すると、サポート体制が甘いと言わざるを得ません。

その原因は、店舗がないからです。大手キャリアの場合、スマホの使い方がわからなかったり、料金の支払いであったり、スマホが故障したというような場合、家の近くにあるショップに行けば、すぐに解決することができます。特に故障した場合は、修理している間、代わりのスマホを使うことができるという、確実なサポート体制に関しては、MVNOには真似できないところです。

MVNOの場合、ショップが家の近くにあるという人は少ないので、どうしてもネットや電話での手続きとなってしまいます。当然、代わりのスマホが届くのも、遅くなってしまうため、スマホを使えない時間が発生してしまうのです。

MVNOショップが増えている

MVNO業者のサポート体制は、まったくないというわけではありませんが、大手キャリアと比較すると甘いと言わざるを得ないということは、前々から言われていました。そのような多くの声を受けて、最近ではMVNO専門のショップが各所にでき始めています。

今はまだ都市圏にしかできていないMVNOショップですが、今後各所に広がっていくでしょう。そのため、サポート体制の甘さは今後カバーされていく見込みなのです。

家電量販店にショップがある場合も

お近くの家電量販店の一角で、MVNOを取り扱っているショップを見たことがある人も多いのではないでしょうか。そのショップでは、現在使用しているMVNOに関する相談などにも乗ってくれます。使い方がわからないときなどは、そのような場所でも対応してもらえるので、近くに店舗がないからといって、どこにも対応してもらえる場所がないというわけではないのです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧