格安SIMは難しくない!賢く使えば絶対にお得!

MENU

CLOSE

格安SIMは難しくない!賢く使えば絶対にお得!

SIMフリー?格安SIM?格安スマホ?

d2e6f35bbc299120add14b596151cd73_s

 

SIMフリーとは?

ドコモのスマホにソフトバンクのSIMを挿しても使えないように、携帯端末を販売した業者以外のSIMでの利用を制限するのが「SIMロック」です。このSIMロック機能は日本独自の方式で、世界的にはほとんどの携帯電話が、キャリアに縛られずにSIMを選べる「SIMフリー」端末です。SIMフリー端末であれば、料金やサービスなど、自分に合ったキャリアのSIMを自由に出し入れして使うことができます。

格安SIMとは?

2015年5月より、携帯電話やスマートフォンのSIMロック解除が義務化されたことで、格安の料金で携帯電話を使用できるようになりました。規制緩和により、「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれる業者が、ドコモやauなどのキャリアから回線を間借りして、格安のSIMカードを提供するようになりました。これを「格安SIM」と言い、従来に比べて、低価格での通話やデータ通信が可能となりました。

MVNOは既存のキャリアの回線を間借りするため、自社で通信設備を設置するコストも不要で、電波使用に関する免許も必要ないので、ユーザーに格安価格にてSIMカードを提供することができるのです。格安SIM市場には、多くのMVNOが参入しており、提供されている料金プランもバリエーションが豊富です。

基本的には2GBプランでいくら、3GBプランでいくらなどと、あらかじめ毎月使用するデータ通信量を決めて契約する定額プランがメインで、その他に使い放題プランや、500円以下から利用可能な格安プラン、1日ごとにデータ容量がリセットされるプランなど、ユニークなプランも多くあります。

低価格なだけでなく、プランの内容も多様化してきているので、ユーザーのニーズに合わせた最適な料金プランを見つけやすいのが特徴です。

格安スマホとは?

格安スマホとは、格安SIMの入ったSIMフリーのスマホのことを言います。単純にSIMフリーの、価格の安いスマホのことを指す場合もあります。格安スマホは、MVNOで格安SIMとSIMフリーの端末をセットで購入する方法と、MVNOでは格安SIMだけ契約して、SIMフリーの端末は別で購入する方法があります。

セット販売で購入する場合、扱っている機種が限られますが、スマホ初心者の人や、機種にこだわりがなく、安さと気軽さを重視する人には便利です。機種のスペックにこだわりがあり、好きな端末を使用したい人は格安SIMのみ契約する場合もあります。

また現状のMVNOは、ドコモかauの回線を使用しているところがほとんどで、ドコモ系MVNO(DMMモバイル、OCN、楽天モバイルなど)の格安SIMはドコモの端末、au系MVNO(UQ mobile、mineoなど)の格安SIMはauの端末があれば、SIMロックの解除をすることなく、格安SIMを利用することができます。

つまりドコモやauの契約者は、新たにSIMフリー端末を購入したり、SIMロック解除をしなくても、格安SIMを利用できるということです。

格安SIM(格安スマホ)のメリット

6cd0862d25becc58c369529bb463407e_s

何と言っても料金が安い格安SIMの最大のメリットは月額料金の安さです。今まで月7000円も8000円もかかっていた料金が、通話付きプランでも2000円位になります。現在では価格競争の結果、データ通信専用プランで月額500円程度、通話付きで月額1000円程度のプランも出てきました。しかも使い勝手や品質はほとんど変わりません。

料金プランがシンプル

格安SIMの料金プランは、基本的に通話機能をつけるかどうかの判断と、一ヶ月のデータ通信量を設定するだけで済みます。通話をするなら音声通話付きプランを選び、通話が不要ならデータ通信専用プランを選び、あとは端末に残っているこれまでのデータ通信量の記録を参考に、一ヶ月に自分が使う分のデータ通信量を選ぶだけです。

大手通信キャリアのプランは、何かと複雑でわかりにくいのですが、MVNOの格安SIMは料金プランがシンプルで、ユーザーに親切なサービスと言えるでしょう。

2年縛り契約がない

一部の例外を除いて、大手通信キャリアでの契約は2年更新で、2年ごとの更新タイミング以外で解約した場合は、約1万円の違約金がかかってしまいます。それとは対照的に、格安SIMではデータ通信専用プランは基本的にいつでも違約金なしで解約でき、通話付きプランでも数ヶ月~長くても1年以降であれば、違約金は発生しないので気が楽です。

海外で安く使える

SIMフリーの端末であれば、海外に行っても現地のSIMカードを挿して通話ができるので、国際ローミングよりも安く利用できます。

格安SIM(格安スマホ)のデメリット

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

通話料が高い

大手通信キャリアの場合、かけ放題プランであったり、同一キャリア間の通話は一部の時間帯を除けば無料なので、料金を気にせず通話ができますが、格安SIMでは、基本的に30秒で20円の通話料金がかかってしまいます。

しかしビジネスで携帯を使う人はさておき、普通の人はLINEなどでコミュニケーションを取る人が多く、月々の通話時間はかなり短いのが現状です。しかも格安SIMでも、通話アプリやLINEの無料通話を活用すれば通話料金を大幅に抑えることができます。通話料が高いとはいえ、大手通信キャリアのかけ放題プランと比較すると、お得感があります。

通信速度が遅い

大手通信キャリアと比較すると、基本的に格安SIMの通信速度は遅いです。特にランチタイムや通勤時間は、回線が混み合って遅くなります。MVNOの業者にもよりますが、動画やアプリのダウンロードは難しいかもしれません。ただし、よっぽどのヘビーユーザーでもない限り、普通に使う分には不便を感じることはありません。

キャリアメールが使えない

格安SIMにすると、@docomo.ne.jpなどのキャリアメールは使用することができなくなります。ガラケーの人にメールを送る場合に、ブロック機能が働いてメールを送れなくなる可能性があります。ただし、Gmailで代用すれば特に問題はないと思われます。

大手通信キャリアのような安心感や手厚いサポートがない

業者にもよりますが、MVNOの業者は大手通信キャリアと比較すると経営規模も大きくないので、(潰れることはまれかもしれませんが)事業譲渡で他の企業に身売りされるケースなどは想定されます。また店舗のない業者も多いので、サポート体制に不安を感じる人も多いかもしれません。ただし多くのMVNOは、チャットで問い合わせやトラブル解決できるサービスもあるので、一概には言えません。

格安SIM(格安スマホ)が向いている人とは?

fe2f1f4f2f088261a03632c2b3e69f27_s

格安SIMがおすすめなのは下記のような人です。

  • あまり通話をしない。
  • とにかく月々の料金を下げたい。
  • 端末の機種にこだわりがない。
  • 動画のダウンロードなど、大容量のデータ通信はあまりやらない。
  • プライベートでしか通話しない。
  • 初めてスマホを使う。
  • 大手通信キャリアで2年以上契約している。
  • 特に手厚いサポートやアフターサービスは希望しない。
  • iPadなどタブレットをキャリア契約で利用している。

格安SIMは難しくない。

格安SIMと聞くと、どうしてもSIMフリー端末やSIMロック解除、MVNOなど取っ付きにくい言葉が並び、若干ハードルの高さを感じてしまいがちで、ある程度の知識がないと使いこなせない印象もありました。しかし実際は、料金プランもシンプルですし、端末もセットで購入すればSIMロックうんぬんは気にしなくても大丈夫です。

残念なことに、SIMロック解除が義務化されて以降も、大手通信キャリアの料金は3社とも高いまま硬直化しています。だからこそユーザーは賢く、自分のニーズに合った適正な価格で、スマホを利用したいものです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧