格安SIMは怖くない!基本的なことから見ていこう

MENU

CLOSE

格安SIMは怖くない!基本的なことから見ていこう

「SIM」って一体何のこと?

9f9facac4903cbdc381f405a431c796f_s

格安SIMという言葉を聞いたことがあっても一体何がどうお得なのか良く分からないのも仕方ありません。今までの携帯電話の使い方とは異なるものだからです。まずはSIMの正体から明かしていきましょう。

SIMは端末を特定するパーツ

SIMは略称で、正しくは「Subscriber identification module」と言うもので、日本語にすると「加入者識別モジュール」となります。小さなカード状のパーツで、固有の識別番号をもっているのです。もしSIMカードが無ければ識別できなくなってしまうため電話も通信もできなくなってしまいます。

いわば携帯電話にとっての保険証や免許証、パスポートのようなものと考えておけば良いでしょう。このSIMカードを管理することで、回線事業者は利用者の電話使用量や回線使用量を知ることができます。

今までのSIMカードの扱われ方

日本の携帯電話キャリアではSIMカードと端末を切り離せないようにしていました。携帯電話の使用料金を徴収する側に立ってみると、わざわざSIMカードを取り外せるようにする意味はありません。

加入者を囲っておけるので携帯電話キャリアとしては便利なシステムでしたが、近年では「SIMフリー端末」というSIMカードを自由に交換できる端末が増えるようになりました。海外でSIMカードの付け替えが自由になった流れを受けた結果です。

MVNOの台頭

SIMカードを専門に取り扱うMVNOという業種が誕生しました。MVNOとは英語で「Mobile Virtual Network Operator」と言い、日本語にすると「仮想移動体通信事業者」となります。一見しただけでは良く分からないものですが「SIMカードの販売業者」と考えておけば大丈夫です。

MVNOの多くは携帯電話キャリアやインターネット事業者、家電量販店など様々な経営母体をもっていて、いわば既に資本を持っている企業の副業のような立場となっています。特徴はどれも既存の携帯電話キャリアより安い価格で電話回線やデータ通信回線を使えるという点です。

SIMカードを買うということ

MVNOからSIMカードを購入するということは、そのMVNOの回線に加入することを意味しています。いわば携帯電話キャリアの代わりにMVNOと回線契約をするということです。ここで管理されているものが「SIMカードだけ」という点には大きなメリットがあります。

もしそのMVNOが気に入らなければ自由に契約を破棄できますし、新しいMVNOに移る際にもSIMカードを交換するだけで済むのです。つまり携帯端末自体を手放す必要がありません。長く同じ端末を使い続けることができるでしょう。

格安SIMはなぜ格安なのか

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

MVNOが販売している格安SIMはどれも既存の携帯電話キャリアが展開するプランより安いものです。なぜ格安で提供できるのか疑問が湧くのも当然と言えます。その理由にはいくつかあるのでそれぞれ見ていきましょう。

実は回線をレンタルしている

MVNOは自前で電話回線や通信回線を保有していないのがほとんどです。既存の携帯電話キャリアの回線の一部をレンタルして、MVNO加入者が利用できる状況にしているわけです。全国に建設されている携帯電話基地局の利用権を一部拝借しているような状況と言えるでしょう。

レンタルという形を取ることで、新しく基地局を建てたり通信用の機材を設置する必要が無いためMVNOは安くサービスを提供できるのです。

手厚い保障が一切無い

既存の携帯電話キャリアはユーザーサポートが充実しているものです。どのようなお問い合わせにも対応し、それぞれ窓口がありきちんと対応してくれます。そのためには多大なコストがかけられていると言えるでしょう。

ですがMVNOにはこうした手厚い保障というものは存在しません。何かトラブルがあった場合には基本的にユーザーが対処しなければいけません。端末と回線業者が紐付けられていないためMVNOには端末の操作方法を知る義務はありませんし、端末を保障する必要性も存在しないのです。

過剰すぎる保障から逃れるメリットは大きい

ところが、そうそう携帯電話キャリアに連絡するということは無いものです。保障が無いと言われると怖いものですが、手放してみるとそれほど困ることは無いでしょう。それどころか毎月支払っていた保障のための費用がかからずに済むのですから、何事も無ければただただお得なだけです。

毎月支払う料金が安くなるということは時間が経過するごとに大きな差額となります。携帯電話キャリアからMVNOに乗り換えて5000円ほど安くなった場合、1年で60000円の差額となるのです。料金を比較してみるとそのメリットの大きさが分かるでしょう。

格安SIMの注意点

fffa003c1b330b1bc0b402abcb376ff2_s

格安SIMは安いだけあってデメリットも存在しています。支払う料金が少なくなる分、不便な点も享受する必要があると言えるでしょう。

通信回線の品質

格安SIMを販売しているMVNOは基本的に既存の携帯電話キャリアから回線をレンタルしている形となります。加入者はその限られた帯域のみしか使う事ができないため、加入者が多くなるほど通信速度は遅くなると言えるでしょう。といってもこれは理論上の話で、実際には十分な通信速度を出せています。MVNOが加入者数に見合った通信回線を確保していれば大丈夫です。

端末は基本的に買い切り

SIMカードを使いまわすことができるため端末とSIMカードは切り離された関係にあります。そのため、携帯端末は独自に購入することとなるでしょう。これは携帯電話キャリアに縛られないメリットでもありますが、端末購入代金がそのまま利用者の負担になることを示してもいます。

携帯端末は性能の良い機種だと数万円することも珍しくないので思わぬ負担になるかもしれません。この状況に対応するかのように、格安SIMと格安スマホをセットで売り出しているMVNOも出てきました。低価格帯の格安スマホのラインナップも充実してきたので良い選択肢の一つとなるでしょう。

プランを吟味して選ぼう

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

格安SIMだからといって全てのプランがお得なわけではありません。無制限使い放題のプランを選ぶ前に色々なプランを吟味しておくと良い節約になります。

毎月のデータ使用量に適したプランを選ぶ

格安SIMのプランは主にデータ通信の使用量の差で料金が設定されています。毎月無制限で使えるプランが最も高く、データ通信量が低くなるごとに比較的に安くなっていくのです。もし自分のデータ使用量が月3GB程度だったとしたときに、無制限プランを契約する必要はありません。月3GBのプランを使うようにすると低額の料金で済むはずです。

電話回線の必要性

通信回線が料金設定のメインではありますが、電話回線の有無も料金に大きく影響してきます。これは使用量ではなく、そもそも電話番号をもつか否かという選択なので重要と言えるでしょう。もし使う予定の端末をデータ通信専用で使用するなら電話番号は不要となります。

自分に合ったプランを考えよう

通信量と電話回線の必要性というのは個人の使用目的によってそれぞれ異なるものです。しっかりと考えれば大きな通信費の節約にもなるので、どう端末を使うのか考える価値は十分にあると言えるでしょう。端末自体の料金もハイスペックなものから格安スマホまで様々に設定されています。それぞれ料金を比較しながらプランを決めていきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧