毎日高速通信ができる!?格安SIMの日次プランの比較!

MENU

CLOSE

毎日高速通信ができる!?格安SIMの日次プランの比較!

格安SIMの日次プランとは

e9e671538816304664e9efd6a3668e93_s

MVNOの格安SIMといえば、大手キャリアよりも安価な基本使用料でスマホの運用ができることで有名ですが、大手キャリアでは見られないようなユニークなプランの取り扱いをしているという特徴も挙げられます。大手キャリアのプランの場合でもMVNOの格安SIMの場合でも、契約時に利用できる高速データ通信を選択し、定められたデータ通信量を消費するまでは高速の通信速度でデータ通信を行うことができます。

通信速度が低速になってしまうと、途端にスマホの使い勝手は悪くなってしまうので、高速データ通信量のプラン選択は非常に重要と言っても過言ではありません。大手キャリアのプランの場合には1ヶ月あたりに利用できるデータ通信量を選択する必要があるのですが、格安SIMの場合は1ヶ月あたりのデータ通信量を選ぶ月次プランに加え、1日あたりのデータ通信量を選ぶ日次プランから選ぶことも可能となっています。

日次プランは、1日毎に利用できる高速データ通信量が決まっており、もしもデータ通信量を使いきって速度制限がかかってしまった場合でも、翌日には速度制限が解除されて再び高速データ通信ができるようになります。このことから日次プランは毎日スマホで一定量の通信を行う人にとって、月次プランよりも快適に利用できる可能性が高いプランと考えられます。

また1日毎に利用できるデータ通信量が決まっているというのはデータ通信量の管理も楽なので、手軽に格安スマホを利用したいという人にもおすすめだといえます。日次プランの取り扱いを行っているMVNOにはどのようなものがあるのでしょうか。

各MVNOの日次プラン比較

c5addc13b240dfb23851988f1d43f95e_s

日次プランの取り扱いを行っている代表的なMVNOが、OCNモバイルONE、ぷららモバイルLTE、ASAHIネット、スマオフ等となります。これらのMVNOの日次プランの特徴や料金体系などについて比較を行っていきます。

OCNモバイルONE

大手インターネットプロバイダのMVNOということもあって、MVNOの中ではトップクラスの知名度と利用者数を誇っています。OCNモバイルONEには1日あたり110MBの通信量のプランと170MBのプランがあり、前者は月額900円から後者は月額1380円から利用可能です。OCNモバイルONEの日次プランは余ったデータ通信量を翌日へ繰り越すこともできるので、無駄なく通信量を使い切ることも可能です。

ぷららモバイルLTE

1日あたり110MBの高速データ通信が可能であり、月額使用料は900円からとなっています。ぷららモバイルLTEの大きな特徴は、同社の格安SIMの契約者であれば、ひかりTVのエントリープランが追加料金不要で利用できるという点にあります。追加料金無しで大手企業のオンデマンド動画サービスが利用できるのは、画期的だと言っても過言ではないでしょう。

ASAHIネット

ASAHIネットも1日あたり110MBの高速データ通信ができるプランが月額900円から利用可能です。すでにASAHIネット会員の方の申込であれば月額基本使用料が50円割引になる特典がありますし、月額800円のオプション料金で固定IPアドレスを持つことも可能な点に大きな特徴があるMVNOです。なお、以前は格安SIMと格安スマホのセット販売を行っていましたが、現在は終了しています。

スマオフ

スマオフはブックオフグループのMVNOであり、全国のブックオフの店頭窓口での契約が可能な格安SIMサービスとなっています。月額980円で1日あたり140MBまで高速データ通信が可能なサービス内容となっており、基本プランにはSMSサービスも含まれています。090や080に電話番号を利用した通話SIMの取り扱いはないものの、SMSサービス付きのデータSIMが月額980円という料金で利用できる点において、他社よりもお得であるといえます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧