準備万端?格安スマホに乗り換える前にやっておくべきこと

MENU

CLOSE

準備万端?格安スマホに乗り換える前にやっておくべきこと

MVNO業者を調査

9778f11efc07b2c44226eb3821f6bfc1_s

格安SIMで契約を行う格安スマホですが、乗り換える前にまずはどのMVNO業者で契約をするかを決めなければなりません。MVNO業者とは、格安SIMや格安スマホで契約することができる専門の業者のことです。数十社という数があるので、その中から一つのMVNO業者を決めるのは意外と大変なこととなります。

選ぶ基準を考えるとき、多くの人は月額料金で決めようと考えますが、正直、月額料金はどこも同じようなものです。数百円という値段の差が大事だということであれば値段を基準にしても良いですが、それ以上に大切なことは他にも多くあります。そのため、安易に値段だけで決めないようにするというのが、一番大事なことです。他の要素をしっかりと調査した上でMVNO業者を選択するようにしましょう。

通信速度を調査する

格安スマホを使う上で、通信速度のことはしっかりと考えておかなければなりません。というのも、大手キャリアと比較すると、格安スマホの通信速度は、業者によって大きな差があるからです。通信速度はその企業の通信設備の量に依存します。

MVNO業者は大手キャリアから通信設備をレンタルしているのですが、そのレンタルしている量が多ければ、通信速度が遅くなることはありませんし、逆に少ない場合は、頻繁に通信速度が遅くなってしまうというわけです。そのため、MVNO業者を選ぶ際には、通信設備に対する投資をしっかりと行っているかどうか、という部分を見極めなければなりません。

企業の信頼度と口コミ

MVNO業者の通信速度を契約前に調べるのは困難なことです。どの企業も都合の悪いことは隠したがります。馬鹿正直に、「ウチの通信速度は格段に遅い」とホームページに記載しているMVNO業者は存在しません。そのため、本当の通信速度を知るためには、別の要素から調査しなければなりません。まず一つは企業の信頼度です。

MVNO業者の中には、別の業種で大成功を収めている様々な業者が存在します。別業種で成功していれば、通信設備に投資するお金があるということになるので、通信速度も期待できます。もう一つは、口コミです。

実際にMVNO業者と契約した人が、どのような評価をしているのかという部分は、大変参考になります。そのため、自分が契約しようと思っているMVNO業者の口コミを見て、最終的に契約するかどうかを決めましょう。

サポート体制は充分か

よく、MVNO業者はサポート体制が不十分だと言われます。店舗が多く存在しないため、大手キャリアと比べれば、どうしてもそうなってしまうので、ある程度は仕方ありません。しかし、メールの返信が遅い、混雑していて電話がなかなか繋がらない、ということになると、いざという時、困ってしまいます。

ある程度は目を瞑るとしても、このような部分は企業努力でどうにでもできる部分ですので、このようなところもしっかりと調査しましょう。これも口コミなどで調べると、すぐにわかります。

格安SIMでは使えないものに関する準備

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

格安SIMに変更することでできなくなってしまうことや、使えなくなってしまうことに対する準備を、乗り換え前には行っておかなければなりません。まず一つがクレジットカードの準備です。格安SIMで契約を行うMVNO業者では、支払いが多くの場合、クレジットカード払いとなっています。

すでにクレジットカードを持っているという人は何の問題もありませんが、現在クレジットカードを持っていないという人は、発行するまでに時間がかかってしまうので、契約する数週間前から準備しておかなければなりません。忘れやすい部分ですので、しっかりと覚えておきましょう。

メールアドレス変更に対する準備

格安SIMに変更すると、大手キャリアで使用していたキャリアメールは使えなくなってしまいます。そのため、様々な企業が提供しているメールサービスに登録し、アカウントを発行することになるのですが、ここで重要なことがあります。大手キャリアが行っているキャリアメールサービスには、迷惑メールを防止するためのサービスも存在します。

なかには、大手キャリア以外からのメールは全て迷惑メールとして処理する、という設定もあるのです。そのため、キャリアメール以外のメールアドレスに変更してしまうと、友人や家族などが設定している内容によっては、メールが届かないこともあります。

送ったつもりなのに届いていないとなると、様々なトラブルが起こることが予想されるでしょう。そのため事前に、設定を解除してもらったり、変更するメールアドレスだけは受信できるような設定変更をしてもらう必要があるのです。

無料通話アプリに対する準備

スマホを利用している人の多くが使っている無料通話アプリですが、このようなものを使用し続けるのであれば、事前に考えておかなければならないことがあります。SMSのことについてです。無料通話アプリは、登録する際にSMS機能を使って認証を行います。そのため、SMSがないと、登録できなくなってしまうのです。

SMSはどのSIMカードでも使用できるというわけではありません。専用のデータSIMで契約を行う必要があるのです。注意しましょう。また、一部の無料通話アプリにあるID検索機能は、大手キャリアでなければ行うことができません。これは、年齢認証ができなくなってしまうからです。これも覚えておきましょう。

現在の状態を確認

66ed97ef5e89ef9ef6bceaafe29e4026_s

格安SIMで契約を行う前には、自分が月にどれだけのデータを使用しているかを確認しておく必要があります。というのも、MVNO業者の契約は、データ使用量によって値段が変わってくるからです。これを知っておかなければ、様々なMVNO業者を正しく比較することができなくなってしまいます。

なぜなら、MVNO業者によって、データ使用量が少ない人向けにサービスが特化しているか、多い人向けに特化しているか、ということが変わってくるからです。明細書などを見て、確認しておきましょう。

年縛りの契約に関する確認

大手キャリアではよく2年縛りの契約が行われています。割引するかわりに、2年間契約解除ができないというサービスです。これに違反してしまうと違約金を請求されてしまうため、自分がその契約を行っていないか、違約金が発生しない期間での契約解除か、ということをしっかりと確認しておきましょう。

通話に関する確認

9d0de3565dfeaa17976bd2dd0f468167_s

MVNO業者と大手キャリアを比較すると、MVNO業者には通話プランが少ないです。大手キャリアと同じような定額制プランが存在する業者もありますが、全てのMVNO業者に定額制プランが存在するというわけではないのです。

そのため、通話を多く行う人が、格安スマホに変更することで、とんでもない通話料金を請求されてしまうこともあります。通話プランの有無については、事前にしっかりと調べておくことが大切です。

5000円分の通話を行うか

格安スマホと大手キャリアのスマホでは、月額料金に5000円ほどの差があります。それを考えれば、通話料金が大手キャリアのとき以上にかさんだとしても、5000円を超えなければ得をするということです。

そのため、月に自分がどれくらいの通話を行い、どれくらいの金額になるのかということも、事前に調べておいたほうが良いです。そうすることで、格安スマホに乗り換えるべきかどうか、ということを判断することができます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧