これが保存版!格安SIMのメリットとデメリット

MENU

CLOSE

これが保存版!格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMのメリット

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

月々の料金が2000円くらいになる

格安SIMのメリットといえば、なんといってもその安さです。最低料金は格安SIMの場合、月々500からスタートするものもあります。もちろん、音声通話を付けるともう少しかかりますが、大手キャリアと比較しても5000円以上安くなることがほとんどです。多くのMVNO提供会社がメインで売り出している音声通話+データ通信3GBのプランは月々1700円前後がほとんどです。

同じプランを大手キャリアで選択すると、6000円は確実に超えてしまいます。3GBという通信プランは、LTE通信で動画をたくさん視聴しないかぎり、一般的な使い方をしているユーザーならまず超えないです。月々の通信料だけで考えても2年間で10万円以上はお得になるというのが格安SIMの最大のメリットと言えるでしょう。

自分にあったプランを選べる

格安SIMは選択肢が非常に多いです。MVNOの会社にもよりますが、下は1GBから上は15GBまで、段階的に通信制限量を選ぶことができます。大手キャリアでもプランは選択式ですが、通信料が多くなると家族で分けあったりシェアしたりと複雑になっていることが多いです。格安SIMの場合、基本的には各個人での通信量を主としているので、わかりやすく各々の使う分だけを契約すればよいので大変便利です。

2年縛りからの開放

大手キャリアには契約時にスマートフォンの割賦割引を得るために2年契約を結ぶことがほとんどです。これも非常に厄介なものになっており、2年後に申し出がないと自動的に契約を更新してしまい、更新月以外に解約すると1万円近くの違反料を取られてしまうことがほとんどです。これと比較して、格安SIMの場合は、音声通話付きプラン以外は契約時の縛りがありません。

いつでも好きなときにプランやMVNO契約会社を変更することができます。アンドロイドスマホの場合、すでに持っている機種を格安SIMで使えることが多いので、新しく機種を用意することもありません。もし今の機種が使えない場合は、大手家電量販店に行くと、格安スマホ売り場が大きく展開されています。そこで自分の気に入ったスマホを購入すれば、あとはMVNOと契約するだけですぐに使いはじめることができます。

格安SIMのデメリット

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

通信速度が遅くなる可能性がある

時間帯にもよりますが、大手キャリアから通信帯域を借りて提供しているので、通信速度の減少はどのMVNOでも起こりうるものです。具体的には通信時間が多くなる出勤ラッシュの午前8時前後、お昼休みの正午前後、帰宅ラッシュになる午後5時前後が多いです。まったく通信できなくなるわけではありませんが、動画の視聴をするのは厳しい速度になってしまうことがあります。

キャリアのメールアドレスが使えない

これまで使っていた大手キャリア3社のいわゆる「ケータイアドレス」は使えなくなります。最近は他人とのメッセージのやり取りは個別のメッセージアプリを使うことがほとんどですので、無くても困ることは多くないですが、従来のフューチャーフォンを使っている人とのメッセージのやり取りには少々困ることがあるかもしれません。

大手キャリアのサポートが受けられない

大手キャリアとの違いはここが大きいです。これまではスマホが壊れたり、わからないことがあったらとりあえず近所のケータイショップに飛び込めばサポートを受けられましたが、格安スマホの場合はそのサポートはすべて自分で対応しなければなりません。家電量販店で購入した格安スマホの保障は基本的にメーカー保証になりますので、購入時の保証書を見て自分で対応することになります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧