メールが届かない!?SIMフリー端末のキャリアメール対策

MENU

CLOSE

メールが届かない!?SIMフリー端末のキャリアメール対策

キャリアメールが使えない

dfc8e3a05fccd46f0208de3bf7231819_s

格安スマホと格安SIMを運用する際にネックとなる問題がキャリアメールが使用できない点です。キャリアメールとは各携帯電話キャリアから発行されるメールアドレスなので、格安SIMと併用することができません。そしてキャリアメールが使えないことは思わぬトラブルの原因ともなってしまいます。

ウェブメールとの相性

キャリアメールが使えない格安SIMと格安スマホの環境では、自然とウェブメールを使うようになるはずです。Androidでは始めからGmailでアカウントを取得することになりますし、iPhoneでもウェブメールのアドレスを取得することが可能となっています。

ですがこのウェブメールはキャリアメールと相性が悪いのです。キャリアメール宛のウェブメールは届くかどうかが不明確と言えます。自分が送ったと思っていても相手のところに送られていない場合には、場合にもよりますが相手に悪い印象を与えてしまうでしょう。

なぜ相手に届かないのか

ウェブメールがなぜキャリアメールに届かないかというと、その原因はいくつか考えられます。まずはキャリアメールが自動的に設定しているフィルタに引っかかっている可能性です。ウェブメールは自由にメールアドレスを取得できる状況なので、迷惑メールアドレスの温床でもあります。そのため携帯キャリア側でウェブメール自体をフィルタリングしているのです。

次に独自のフィルタを相手が設定している場合も考えられます。これも迷惑メール対策としてよく行われている方法で、やはりウェブメールからの迷惑メールが多い場合にフィルタリングの設定をするものです。また、届くものと届かないものの区別がつきにくい状況も考えられます。そうなると原因の特定が難しいためウェブメールの使用をためらうのも無理はありません。

ウェブメール以外の連絡手段

de23e88ffc45a3142d80dfb57b9e2431_s

もしウェブメールを使わないと決断した場合にはいくつか別の方法が考えられます。新しく費用が発生する方法が多いため、方法によっては折角の格安SIMと格安スマホ運用をする意味が薄れるかもしれません。比較検討しつつ自分に合った解決法を選びましょう。

SMS機能付きのSIMを使う

格安SIMと格安スマホで運用するときに、SMS機能付きの格安SIMを購入しておけば携帯電話間の連絡は解決するでしょう。SMSはショートメッセージサービスという機能で、相手の電話番号宛てにメールを送る事が可能です。ただし料金は文字数に比例しますし、海外宛ての場合に長文を出すと500円もかかってしまうMVNOも存在しています。

なぜならSMSは電話回線を通してメッセージを送る機能だからです。短いものであれば数円で済むため、できるだけ簡単な連絡だけをするようにしましょう。長文を送ってしまうと折角格安スマホと格安SIMを運用しているのに思わぬ出費を強いられるかもしれません。

携帯アプリで代用

現在ではメールに取って代わる各種携帯アプリも存在するようになりました。LINEを筆頭に色々なコミュニケーション用のアプリがあります。そのため相手が使用している携帯アプリを使えば連絡することには何も問題がありません。

特に同世代間のコミュニケーションはこの方法で大丈夫でしょう。ですが携帯アプリを使っていない方と連絡することはできません。そういった方に携帯アプリを勧めても導入してくれなければ別の連絡方法を考える必要があります。特に仕事における取引相手の場合には難しいと言えるでしょう。

メールサーバーの利用

少し携帯電話と離れますが、メールサーバーを利用することも1つの解決方法です。メールサーバーとはメール専用のサーバーで、基本的には何らかの業務に使うサービスなのですが、個人で契約しても問題はありません。メーリングリストや数GBの容量など、普段使いをするには手に余る機能を備えていますが非常に安価な価格で便利なメールアドレスを取得することができます。

多少設定する必要もありますが、年間1000円程度で使用できるため、他の方法と比較すると万能で安い方法と言えるでしょう。月換算すると100円以下となります。もちろん携帯電話宛てのみならずパソコン宛てにメールを送ることも可能です。

キャリアメール用の携帯電話をもつ

これは今まで述べてきた方法と比較すると価格面で最も不利ですが、確実で簡単な方法です。今まで使用してきたキャリアメールのアドレスを引き継いだメールだけを使う携帯電話を所持するのです。キャリアメールなので相手にはほぼ確実にメールを届けることができますし、何の対策も必要ありません。

ですが料金は毎月1000円以上支払うことになるはずです。そのため年あたり10000円以上の出費となるため、費用面で有利な格安スマホと格安SIMという環境に適した解決方法とは言い難いかもしれません。

MVNOが提供するメールアドレスを使う

d80de6c9496835ece101eb482d6b2918_s

近年では格安SIMを取り扱うMVNO自体が独自のメールアドレスを発行しているケースもあります。MVNOは通信速度や各種プランだけでなく、メールアドレスにも関わっているのです。ですが発行しているところとしていないところがあるので注意しておきましょう。

有料のケースもある

MVNOではオプションとして有料のメールアドレスを発行しているところもあります。その場合は月あたり数百円の費用がかかってしまうためきちんと検討しておきましょう。無料のところも多くあるので、MVNOを選ぶ際にメールアドレスについて事前にチェックしておくと後悔せずに済むはずです。

各MVNOが提示するプランと併せてメールアドレス利用時における全体の料金を算出してみると、具体的な月額が把握できるでしょう。

迷惑メールに分類される可能性

残念ながらMVNOが発行するメールアドレスがキャリアメール側で迷惑メールと判断されることがあります。こうしたメールはウェブメールではないのですが、キャリアは疑わしいと判断しフィルタリングの対象としているのでしょう。この場合には相手方に自分のアドレスを受信可能な設定にしてもらうようお願いすることになります。確実に連絡することができない、ということは大きなデメリットと言えますがプライベートな範囲では十分に対応できるでしょう。

プライベートなメールなら使える機能

通信速度やプランを比較する際にMVNOのサイトを閲覧するものですが、メールアドレスの項目についてもチェックしておくと良いでしょう。キャリアメールのフィルタリングには引っかかってしまうことがありますが、プライベートな使用には耐えるはずです。携帯アプリと併用すれば友人間で連絡するには十分な環境が揃うと言えます。ただし現状では仕事で使うには厳しいと評価せざるを得ません。

メールサーバーを使いこなせれば完璧

320cce7780627c8fd4f6f1b499dfff87_s

これまで色々なキャリアメールの代わりとなるサービスを見てきましたが、メールサーバーを使いこなすことができれば問題は解決するでしょう。簡単な方法ではありませんが、結果的にメール機能を独立したものとして取り扱うことができるため、携帯電話やインターネットサービスプロバイダーに依存せずにメールを使い続けることができるようになります。

格安スマホと格安SIMを運用するついでにメールサーバーにも手を伸ばしてみるのも良いきっかけと言えるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧