ライトユーザーにおすすめ!500円以下で利用可なプランまとめ

MENU

CLOSE

ライトユーザーにおすすめ!500円以下で利用可なプランまとめ

スマホは月額500円以下でも運用できる

c86cf7b6a45dcdd7c3cc0a50605d6d97_s

大手携帯電話キャリアと契約してスマホを持つ場合、最も安いプランでもおよそ5000円から6000円程度の基本使用料がかかってしまうため、家計にとって大きな負担となってしまうことが考えられます。インターネットはスマホ中心で行い、毎日ヘビーにスマホを使っている人であれば、利用料金分の元は取れていると考えられますが、スマホをあまり使わない人であれば毎月5000円以上の料金をかけてスマホを利用するのは非常に勿体無いと考えられます。

スマホの操作をあまり行わない、スマホのライトユーザーにおすすめしたいのが、MVNOの格安SIMサービスを利用した格安スマホの利用です。MVNOはドコモやauから通信回線を借りて通信サービスの提供を行っているので、利用できるエリアについては大手キャリアと同等ですし、通信速度についても大差はありません。それでいてモバイルデータ通信にかかる基本料金が大手携帯電話キャリアよりも遥かに安いので、格安スマホを使うことで大きな節約効果が期待できるのです。

MVNOによっては、データ通信専用プランが月額500円以下で利用できるケースもあります。大手キャリアで毎月5000円以上支払っていたのが、500円以下となれば、その節約効果は絶大であると言っても過言ではありません。具体的にどのMVNOのどのプランが月額500円以下で利用できるのでしょうか。

月額500円以下で利用可能なプラン

b729d1317090dcfb5775d7861b631a21_s

月額500円以下で利用可能なプランの取り扱いをしている代表的なMVNOが、ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE、So-netモバイルサービス、FREETEL SIM、DMMモバイルの4社となっています。それぞれのMVNOのプランについて比較していきます。

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTE

ワイヤレスゲートWi-Fi+LTEの480円プランであれば、月額税込み480円で利用が可能です。最大通信速度は250kbpsとLTE通信には対応していないものの、ブラウジングやメッセージの送受信といった使い方であれば問題なく使えますし、通信速度規制なしでの利用が可能です。またワイヤレスゲートの公衆無線LANサービスが追加料金なしで利用できるので、生活圏にワイヤレスゲートのWi-Fiスポットがあれば非常に有意性の高いサービスといえます。

So-netモバイルサービス

So-netモバイルサービスの0SIMは上手に利用すれば全くの無料で利用できる画期的な格安SIMです。月間の高速データ通信量が500MBまでであれば0円での利用が可能となっているのです。なおフルに利用した場合には月額1600円で5GBまでの通信が可能となっています。

FREETEL SIM

使った分だけ安心プランなら月額299円から、通信量が1GBの定額プランなら月額499円から利用可能です。FREETEL SIMはLINEのテキストメッセージや画像、スタンプの送受信にかかる通信量がカウントフリーとなっているので、スマホでは主にLINEしか使っていないという人におすすめの格安SIMです。

DMMモバイル

データSIMプランライトなら月額440円、データSIM1GBプランなら月額480円で利用が可能です。DMMモバイルの格安SIMにはバースト機能が備わっているため、低速通信時でも快適に通信ができるというメリットがあります。なお、ライトプランではLTE通信が不可で最大通信速度が200kbpsとなっています。1GBプランとの価格差が40円ということを考えると、1GBプランを選ぶほうが使い勝手が良いと考えられるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧