通話をよく使うなら格安SIMは不向き?

MENU

CLOSE

通話をよく使うなら格安SIMは不向き?

格安SIMと通話料の関係

fb179178f392524f34c03e491d0e7e0e_s

格安SIMには原則無料通話分がない

MVNOの格安SIMをさして利用するスマホのことを格安スマホといい、大手キャリアのプランのように契約の縛りがないことやパケット通信にかかる料金が非常に安いということで、近年高い注目を集めているサービスとなっています。

格安SIMには通話機能がないデータ通信専用SIMと通話機能がある通話SIMがありますが、1ヶ月あたり3GBまでデータ通信ができるプランの場合、データ通信専用SIMの相場が月額900円、通話SIMの相場が月額1600円となっています。もちろん、通信速度は安定していますし、大手三大キャリアの最低利用料金よりも遥かに安い最低利用料金となっていますが、安さの秘密の一つとして気をつけなければならないことがあります。

それは格安SIMには基本的に無料通話分がない、ということになります。大手キャリアのスマホ用のプランの場合、時間や相手に関係なく通話がし放題もしくは1回あたり5分以内の通話がし放題という無料通話分が基本プランに含まれていますが、格安SIMの基本プランには原則無料通話分が含まれておらず、音声通話機能を利用した場合には30秒につき約20円の通話料金が従量制で掛かる仕組みとなっているのです。

そのため、毎月長時間の音声通話を行う人の場合には、格安SIMに乗り換えをしても大きな節約効果が得られない可能性がありますし、場合によっては格安SIMに乗り換えたことによって毎月の利用料金が上がってしまう可能性さえあるのです。果たして音声通話をする人は格安SIMを使わないほうが良いのでしょうか。

ちょっとした工夫で通話料は下げられる

格安SIMから音声発信をした場合、30秒につき約20円という、決して安くない通話料金がかかってしまいますが、ちょっとした工夫を行うことで無理なく通話料を下げることができます。通話料を下げる具体的な方法としては

  • 通話料が半額になるアプリを導入する
  • 通話料の安いIP電話アプリを利用する
  • 各MVNOが取り扱っている定額通話オプションを利用する


これら3つの方法が代表的なものとして挙げられます。これらの方法を利用すれば、通話をよくする人でも安い料金で格安スマホが使えるようになると考えられます。

格安スマホで通話料を下げる具体的な方法について

b2d78078ff48cfd1162afd9b86e459e9_s

アプリやオプションを利用することで、無理なく通話料を下げる事がわかりました。それぞれの方法の具体的な内容について、特徴の解説や比較などを行っていきます。

通話料が半額になるアプリを導入する

楽天モバイルが配信している「楽天でんわ」やBIGLOBE SIMが導入している「BIGLOBEでんわ」などが有名です。基本使用料無料で利用でき、通常の携帯電話用の電話回線を利用するので、音声品質が良いという特徴があります。

IP電話アプリを導入する

「050plus」や「LaLa Call」や「SMARTalk」などが有名です。なお「050plus」や「LaLa Call」は月額基本使用料がかかりますが、「050plus」はOCNモバイルONEの通話SIMを契約していれば、「LaLa Call」はmineoを契約していれば月額基本使用料が無料となります。

定額通話オプションを利用する

1回あたり5分以内の通話がかけ放題になるオプション(楽天モバイルやFREETEL SIM、DTI SIMで取り扱い)や定額料金で60分の無料通話ができるオプション(BIGLOBE SIMで取り扱い)、さらには定額料金で国内通話や海外通話がし放題になるオプション(NifMoで取り扱い)などがあります。自分がどのくらい音声通話をするのかによって、最適なオプションプランを選ぶと良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧