なんだか嘘っぽい話ばかり!格安スマホの本当の話

MENU

CLOSE

なんだか嘘っぽい話ばかり!格安スマホの本当の話

月額料金は確実に安くなる

c00c9820a2afa1c68a7ba8bb6042b1f4_s

格安SIMでMVNO業者と契約をすると安くなる、という話はよく聞く話です。あまりにも過剰に安くなる、という話が広まっているため、疑いたくなってしまいますが、これは本当の話です。実は、MVNO業者は通信設備を持っていません。大手キャリアが持っている通信設備の一部を、レンタルしているのです。

ずいぶん人任せな運営だと思ってしまうところですが、これによるメリットは消費者にもしっかりと反映されています。レンタルしているということはメンテナンスをしないで良いということであり、その分経費を削減することができ、スマホ利用料を抑えることができるのです。

つまり、MVNO業者が通信設備を持っていないおかげで、消費者は格安スマホを安く利用できるということになります。格安スマホであれば月額料金は1000~2000円程度となります。現在の大手キャリアの料金と比較すれば、その差は一目瞭然でしょう。毎月安く、スマホを利用することができるようになるため、かなりお得です。

通話料金がネックになってくる

格安SIMでMVNO業者と契約すれば月額料金は安くなります。しかし、それだけに騙されて契約してしまうと、とんでもないことになってしまうかもしれません。実は、格安SIMで契約してしまったばかりに、月額料金が大手キャリアの時よりも高くついてしまったという人もいるのです。なぜこのようなことが発生するのかというと、実はMVNOには、通話プランが少ないからです。

大手キャリアであれば、かけ放題プランなど、様々な通話プランが存在しますが、MVNOにはあまり存在しません。そのため、通話をたくさんするという人は、格安SIMに変更してしまうと、通話料金が高くついてしまう可能性があるのです。

とはいえ、全てのMVNOで通話プランが存在しないわけではありません。大手キャリアと同じようなかけ放題プランを提供しているMVNO業者も存在します。要は、事前に通話プランをしっかりと調べているかどうかが重要ですので、注意しておきましょう。

本体価格は同じくらい

スマホの本体価格に関しては、結果的には大手もMVNOも同じ程度となります。格安スマホと言うくらいですから、格安スマホのほうが安いのではないか、と思ってしまいますが、確かに本体価格だけを見れば、格安スマホのほうが安いです。

しかし、大手キャリアの場合、2年間契約をし続ければ、本体価格を割引してもらえるサービスがあります。MVNOではそのようなサービスはないので、結果的に金額を見ると、同じくらいの値段になるのです。

通信速度は遅くなる

7e7c81257296366acea3614725e1959f_s

格安SIMでMVNO業者と契約すると、スマホの通信速度は遅くなってしまいます。しかしこれは、常に速度が遅いというわけではありません。通常の状態であれば、速度は大手キャリアと同じ程度ですが、混んでいる時間帯のみ、MVNO業者は遅くなってしまいます。これは、MVNO業者の通信設備の規模が小さいからです。

MVNO業者の通信設備は大手業者からレンタルしているので、レンタルしている分の通信設備で処理できないほどの大量のデータ送受信が行われれば、通信速度が制限されてしまうことになります。結果、動画などをスムーズに見ることはできなくなってしまうので注意が必要です。

MVNO業者による差は大きい

通信速度に関しては、MVNO業者の中でもかなりの差があります。というのも、MVNO業者の中にも、通信設備にしっかりと投資をしている業者と、していない業者が存在するからです。そのため、MVNO業者は全て、通信速度が遅くなるというわけではありません。

なかには、大手キャリアと同じように快適に使える業者も多いのです。このような通信速度という部分は、事前にネットで口コミを調べておくと、把握できるようになります。契約前は必ず調べるようにしましょう。

2年縛りの契約から解放される

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

大手キャリアに存在する2年縛りの契約に、いらだっている人も多いのではないでしょうか。大手キャリアの場合、2年間契約することを約束すれば、月額料金を下げてもらえるというサービスが多く存在します。しかし、このサービスにかなりの不満を感じている人も多いでしょう。なぜなら、2年以内に契約を解除してしまうと、3万円ほどの違約金を支払わなければならないからです。

そのため、2年間は半ば強制的に契約を解除することができず、行動を制限されてしまいます。MVNO業者であれば、このような長い期間、行動を制限される契約はないので、妙なストレスを感じることもありません。そのため、2年縛りの契約に辟易としている人は、格安SIMでの契約がオススメです。

縛りの期間がまったくないわけではない

MVNOであれば、2年縛りの契約に振り回されないという話でしたが、制約期間がまったくないわけではありません。MVNO業者によっても違いがありますが、おおむね半年ほどが主流となっています。半年であれば、それほど長い期間ではありませんし、半年ごとに携帯電話会社を変更する人も少ないので、ストレスになることはありません。

また、違約金に関しても、1万円未満が主流ですので、リスクも少ないです。このような契約システムに関しては、大手キャリアと比較してみれば、いかにMVNO業者が良心的なのかということが理解できます。

不便なところと言えば?

b2975c63ac901163ed4d1d6a0ff7926c_s

MVNOと大手キャリアを比較したとき、不便になってしまうところも多く存在します。その一つが、サポート体制です。大手キャリアの場合、店舗が多く存在し、すぐにショップに行くことができます。使い方がわからなかったり、トラブルがあったりという時に、すぐに対応してもらえるため、かなり便利です。しかし、MVNOの場合このようなことが難しいです。

というのも、基本的にMVNOはネットでのサービスを中心としているからです。契約の手続きの際などに関しては、こちらのほうが便利なのですが、サポートという部分になってくると、かなり不便になってしまいます。何かトラブルがあっても、即日で解決できるのは稀です。そのため、サポート面という話になってくると、大手キャリアのほうが便利になります。

MVNOショップも広がりつつある

MVNO業者は店舗を持たないことが多いですが、最近ではMVNO専門の、MVNOショップというものが都市圏を中心に誕生してきています。田舎のほうはまだ少ないですが、都市圏であれば、ショップが近くにない、という問題は解消されつつあるのです。さらに、家電量販店などでMVNOの簡易的なショップが存在する場合もあります。確認してみましょう。

キャリアメールが使えない

MVNOで契約をすると、一番困る部分が、キャリアメールが使えないという部分です。今まで当たり前のように使っていたものが使えなくなるわけですから、戸惑ってしまう人も多く見られます。MVNOで契約した場合、メールは個人でアカウントを発行することになります。様々な企業がメールサービスを提供しているため、メール機能が使えなくなるというわけではありません。

しかし、大手キャリア以外のメールアドレスだと、友人や家族が設定している迷惑メールフィルターに引っかかってしまい、メールが正しく受信されないというトラブルも発生しやすいです。そのため、キャリアメールは絶対に使いたいという人や、メールアドレスを変更したくないという人は、MVNOでの契約は行わないほうが良いです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧