月額料金がこんなに安く!格安スマホを選ぶメリットとは

MENU

CLOSE

月額料金がこんなに安く!格安スマホを選ぶメリットとは

とにかく料金が安い

c00c9820a2afa1c68a7ba8bb6042b1f4_s

格安スマホの一番の魅力といえば、月額料金を安く抑えることができるという点です。スマホの月額料金というと、プランにもよりますが、大手キャリアであれば月額7000~10000円程度はかかってしまいます。さらにスマホ本体を分割で購入する場合には、この月額料金にさらに上乗せされることになってしまうので、金銭的負担が大きくなってしまうものです。

しかし、格安SIMでMVNO業者と契約を行えば、月額料金は2000円前後に抑えることができるようになります。格安スマホでネット動画などを毎日見るという人は、データ通信量の多い契約をしなければならないため、もう少し料金が上乗せされることになってしまいますが、そうではないライトユーザーであれば、充分に使用でき、困らない範囲で、この値段となるのです。

スマホ自体も安い

格安SIMでMVNO業者と契約を行えば、当然月額料金も安くなりますが、MVNO業者が取り扱うスマホ自体も、安く購入することができます。格安スマホという名称ですので、当然といえば当然の話しではあるのですが、大手キャリアで購入すると50000~80000円ほどかかるのですが、格安スマホであれば、機種によっては20000円程度で購入することができます。

もちろん、それだけ安いため、機能面で劣る部分はあります。しかし、それほど高品質なスマホを持っていても使いこなせていないという人がほとんどですし、困らないという人も多いです。両者を比較すると、大手キャリアのほうが品質としては高いのですが、格安スマホは品質で劣っていても、不便を感じることは少ないのです。

格安スマホはなぜ安い?

格安SIMでMVNO業者との契約を行うと、月額料金を抑えられるということは周知の事実ではありますが、なぜこれだけ安く料金が抑えられるのだろうかという疑問が残ります。格安SIMで契約を行うMVNO業者は、自社で通信回線を持っていません。大手キャリアの通信回線の一部を、お金を支払って借りているのです。

そのため、通信回線を維持するためのコストを抑えることができるため、利用者に対する価格を安くすることができるのです。それを考えれば、格安SIMでスマホを利用しても、大手キャリアと同じ通信回線を利用しているため、通信の質は一緒ということになります。

もちろん、通信回線の一部しか利用できないため、混雑してしまうと繋がりにくくなるというデメリットもあるのですが、基本的には大手キャリアと同じ回線を使うことができるということなのです。

手続きが簡単でシンプル

6c5e92fc14672d907f473aa2041745ba_s

大手キャリアでスマホを購入するとき、手続きが面倒だと感じたことはないでしょうか。かなり長い時間待たされ、様々なオプションプランを紹介され、やっとスマホの契約は完了します。そのような手続きの面倒さに辟易している人も多いでしょう。格安スマホの契約では、大手キャリアが行っているような長時間の面倒な手続きというものは存在しません。

なぜなら、そもそも店頭自体が存在しないことが多いからです。格安スマホの契約や購入は、ほとんどネット上で行われます。身分証の確認なども、ネットで画像を送付するという方法で行われるのです。そのため、オプションのプランを紹介されたりというような、面倒で長時間の手続きは行われず、ストレスのない契約を行うことができます。

シンプルな契約プラン

大手キャリアのスマホ契約プランは複雑です。安くするための努力なのでしょうが、様々なオプションが存在し、一般の人が全てを理解するのはかなり難しい契約プランとなっています。一度理解しても、すぐに変わってしまうため、そこで働いている人でなければ、全てを把握することはできないでしょう。

それと比較すると、MVNO業者の契約プランはかなりシンプルです。データ通信、通話、使用する端末を決めれば、月額いくらという答えがはっきりと出ます。料金を比較することも簡単ですし、決断しやすくなっているのです。これも、MVNO業者が人気の理由となっています。

2年縛りの契約がない

0f4bc1920de79d5a3f6e15e89d8ba1c3_s

大手キャリアで行われているスマホの契約は、2年縛りのものが多いです。2年間、契約を約束すれば料金が安くなるというこの契約ですが、ネックなのは、2年以内に契約を解除してしまうと、違約金が発生してしまうということです。

2年間、携帯会社を変更したくても変更できないというのは、かなり不便でしょう。しかし、MVNO業者での契約では、このような2年縛りの契約はほとんどありません。その上で、月額料金が安くなるということですので、気軽に契約を行うことができるという点も含めて、大きなメリットがあります。

半年から1年が主流

MVNO業者では2年縛りの契約が少ないですが、完全にそのような契約がないというわけではありません。MVNO業者の契約は、縛りの期間が半年から1年のものが多いです。とはいえ、半年ごとに携帯電話会社を変更するという人も少ないでしょう。そのため、不便を感じる人は少ないです。

また、MVNO業者では、違約金の額も低く設定されています。大手キャリアだと、2万前後ということもありますが、MVNO業者は1万円に満たないことがほとんどです。仮に、契約期間内に解約したいと思っても、最大半年待てば良いだけの話ですので、それほど行動を制限されるということはないのです。

通信速度はほぼ同じ

f17f3eb2c785b453dd685ff13ef9e4b7_s

格安スマホを使う上で気になってくるのは、通信速度のことです。あまりにも遅いと、ネットを使用する際にかなりのストレスがかかってしまうので、ネットを多く利用するという人ほど、気になるポイントではあります。とはいえ、基本的に大手キャリアと格安スマホでは通信速度に差はありません。

LTEなどの機能がスマホに搭載されていることが前提ですが、大手キャリアと同じ通信設備を利用してMVNO業者はデータ通信を行っているため、特定の条件に当てはまらなければ、差が出てくることはないのです。そのため、基本的にはストレスなく、ネットを楽しむことができます。

時間帯による通信速度の違い

MVNO業者は大手キャリアから通信回線を借りて、消費者に提供していますが、その借りている量によっては、通信速度に大きな影響が出てきます。簡単に言えば、借りている通信回線が少ない業者は、それを超えるキャパの通信が行われると、速度が遅くなってしまうのです。時間帯によって、通信量というものは変わってくるので、お昼や夜、土日などは通信速度が遅くなってしまうことがあります。

ただしこれは、通信回線の量によって、差が発生するので、一概にMVNO業者全てがダメということではありません。設備投資をしっかりと行っていない業者は危ない、ということになるので、事前にMVNO業者の評判を口コミなどで調べるようにするということが大切になってきます。

制限の上限が低い格安スマホ

スマホを利用する際には、1ヵ月のデータ通信量に上限を設けられます。その量を超えてしまうと、データ通信に制限がかけられてしまい、その月は通信速度が遅くなってしまうのです。そして、この上限に関しては、大手キャリアよりも、MVNO業者のほうが劣っています。

プランの内容にもよりますが、大手キャリアであれば7GBほどというのが主流であるのに対して、MVNO業者では3GBが主流となっているのです。そのため、制限がかからない使い方をしている場合のみ、格安スマホは便利に使用できるということになります。全体的に見ても、格安スマホはライトユーザー向けのものですので、それに当てはまる人は、契約を検討してみると良いでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧