これで便利に使える!格安SIMのデメリットに対する対策

MENU

CLOSE

これで便利に使える!格安SIMのデメリットに対する対策

キャリアサービスが使えない

b937a3355f518b9b72600201ee7cbb12_s

格安SIMで格安スマホを購入すると、一番不便な部分が、大手キャリアが提供しているサービスを使えなくなるという点です。特に一番影響が出るのが、キャリアメールでしょう。大手キャリアであれば、スマホを契約すれば、大手キャリアのドメインのキャリアメールを使うことが可能となりますが、MVNO業者で契約を行うと、これは使えなくなってしまいます。

無料通話アプリの利用が主だという人でも、まったくキャリアメールを使わないということはないでしょう。様々なサイトに登録する上でも必要となってくるものですので、キャリアメールが使えないというのはかなり不便です。

さらに、緊急地震速報も届かなくなってしまうというデメリットもあります。いざというとき、このようなサービスで命を救われるということもあるので、搭載されていて欲しいものですが、格安SIMでの契約だと、使えなくなってしまうため、なにか対策を取らなければなりません。

別のメールサービスを利用する

キャリアメールに対する対策としては、別のメールサービスを利用するというのが、一番簡単です。別のメールサービスを利用し、アドレスを取得すれば、キャリアメールと同じように使うことができます。無料で登録できる場合がほとんどですし、お金がかかったとしても、月額数百円程度の金額ですので安心です。

ただし、メールアドレスは必ず変更しなければなりません。また、送信する相手の設定によっては、迷惑メールとして処理されてしまうこともあります。そうなると、送ったはずのものが届いていないという事態が発生してしまうので、事前に設定を解除してもらうように、知り合いにお願いしておくことが大切です。

別の緊急地震速報サービスに加入する

緊急地震速報に関しては、様々な会社がサービスを提供しています。大手キャリアであれば、自然に届くようになっているものを、格安SIMでの契約の場合は、手動で行うというだけの話なのです。ただし、格安スマホでも緊急地震速報が届く場合はあります。その有無は、格安スマホの機種によって変わってきますので、格安スマホを購入する前に確認しておきましょう。

通話料金が高くなってしまう

c97c5117ed7266263934dc84fc25fa33_s

格安SIMでMVNO業者と契約すれば、大手キャリアで契約するよりも月額料金を抑えることができるというのが、格安SIMの一番のメリットです。しかし、そこにばかり注目していると、いざ格安SIMで契約を行ったら、月額料金が高くなってしまう、という事態に陥ってしまうかもしれません。なぜなら、MVNOでの契約は、通話料金が高くなってしまうことが多いからです。

大手キャリアではほとんどの会社で、無料通話プランが提示されていますが、MVNO業者で無料通話プランを提示している会社はほとんどありません。そのため、普段から通話を長時間行うという人は、通話料金によって月額料金が高くついてしまう可能性があります。注意しておきましょう。

無料通話アプリを利用する

通話料金を抑えるための対策としては、無料通話アプリを利用するのが一番です。無料通話アプリを中心として連絡を取れば、データ通信量は増えますが、通話料金は増えないので、かなりの節約を行うことができます。仕事の電話などでは、無料通話アプリを利用することはできないかもしれませんが、使い分けることで通話料金を抑えることはできるでしょう。

MVNOの通話プラン

大手キャリアに存在する無料通話プランと比較すると見劣りしてしまいますが、MVNOでも通話プランというものは存在します。最初の5分間だけ無料で使えるというものや、かけ放題サービスも存在するのです。

そのため、格安SIMでの契約を行う場合、通話を多くするという人は、事前に通話プランを確認しておく必要があります。なかには、通話プランがまったくなく、割引が一切受けられないというMVNO業者も存在するため、注意しましょう。

サポート体制があまい

fffa003c1b330b1bc0b402abcb376ff2_s

格安スマホを購入する上で、大手キャリアとどうしても比較されてしまうのが、サポート体制の甘さです。MVNO業者は、大手キャリアのように店舗を持っていません。大手キャリアであれば家の近くにあるショップに行って、わからないことを聞いたり、手続きなどを行うことができるのですが、MVNO業者は基本的にネットでの処理を行っているので、そのようなことができなくなってしまうのです。

また、大手キャリアであれば店頭で初期設定を行ってくれますが、MVNO業者の場合は、自分で初期設定を行わなければなりません。機械に弱い人には、大きな問題といえるでしょう。

家電量販店で対応してくれることも

格安スマホの場合、キャリアごとの店舗はそれほど多くありませんが、家電量販店にショップが存在する場合があります。そのため、疑問を感じた際に、そのような場所に行って尋ねてみるということも可能なため、多少不便ではありますが、まったくそれができないというわけではないのです。また、MVNOショップという店舗も増えてきているので、そのような場所に行くのも良いです。

初期設定済で送付してくれる場合も

初期設定を自分で行わなければならない格安スマホが多いですが、なかには初期設定を行った上で、自宅に送付してくれるサービスも存在します。このようなサービスは、MVNO業者によって、やっているかどうかということが変わってきますので、契約前にしっかりと確認をしておくことが大切です。また、自宅まで設定をしに来てくれるサービスがあるMVNO業者も存在しますので、便利に使いましょう。

通信速度が遅い

e25f6ffd39815706fc13d6047b6158d6_s

格安スマホを使う上では、通信速度についても気になることがあります。大手キャリアよりも、遅いという点です。とはいえ、基本的に通史速度は、大手キャリアの速度と変わりません。同じ通信設備を利用しているのですから、当然です。通信速度に差が出てしまうのは、回線が混雑している時の話です。

MVNO業者だと、使用できる通信設備のキャパに限りがあるため、多くの人がデータ通信を行っている時間は、どうしても通信速度が遅くなってしまいます。普通にメールの送受信を行うだけであれば、不便を感じることもありませんが、動画などを見る際には、かなりのストレスになってしまうでしょう。

ただ、通信制限を受けた際の速度に関しては、大手キャリアよりもMVNO業者のほうが早いです。そこだけを見れば、格安スマホは大手キャリアのものよりも便利に使えるのです。

MVNO業者選びを慎重に

通信速度に関しては、MVNO業者の通信設備の問題ですので、ユーザー側でどうこうできる問題ではありません。できることといえば、MVNO業者選びを注意するということでしょう。混雑時に通信速度が遅くなってしまうのは、通信設備が少ないということであり、業者がそこにあまり投資をしていないということになります。

つまり、品質にお金をかけていないことが原因だということです。これを見分けるためには、まずMVNO業者自体が、大手の会社であるかどうかということが重要です。大手企業であれば、その分設備投資もできますが、そうではない企業は、品質にお金をかける余裕がなく、通信設備のキャパも少なくなってしまいます。

また、事前にネットで通信速度に関する評判を比較しておくことも重要です。このような悪い評判はすぐに広まるものですので、質の悪い業者をすぐに見つけることができます。一度契約してしまうと、変更するのも面倒ですので、最初に確認しておきましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧