ベーシックなプラン!?MVNO6社の3GBプランの比較

MENU

CLOSE

ベーシックなプラン!?MVNO6社の3GBプランの比較

格安SIMのベーシックなプランについて

592478d12f053e6e588a1128ad515bdc_s

毎月のスマホ料金を大きく節約できる手段として、近年急速に利用者数を増やしているのが、MVNOが取り扱っているモバイル端末向けの通信サービスである、格安SIMや格安スマホと呼ばれるサービスとなります。

格安SIMは大手携帯電話キャリアと同じモバイル回線を利用しているので、通信速度や通信の安定性については問題がありませんし、それでいて月額1000円以下から利用できるプランが数多くあるので、MVNOに乗り換えて格安スマホとすることで、スマホの月額代金を大きく下げることが比較的用意にできるのです。

ここ数年で多くの業者が格安SIMサービスの取り扱いを始め、各社が競争をすることでどんどんお得なサービスやオプションが利用できるようになっていますが、多くのMVNOが採用しているベーシックなプランが月額3GBの高速データ通信ができるプランとなっています。

月額3GBの通信ができるプランは、データ通信専用SIMであれば月額900円から、音声通話対応SIMであれば1600円からというのが現在のこのベーシックなプランの価格相場となっています。このベーシックなプランは多くのMVNOで取り扱われているため、一見するとどのMVNOも同じように見えてしまいますが、MVNOによって微妙に料金体系や付加価値などが異なってきます。各MVNOによってどのような違いがあるのでしょうか。

主要MVNOの3GBプランの比較

fea7d7bf2730ab1281ea7f049839b420_s

MVNOの中でも利用者数が多い、OCNモバイルONE、IIJmio、DMMモバイル、楽天モバイル、mineo、FREETEL SIMの6社の3GBプランについて内容を比較していきます、一体各MVNOによってどのような違いがあるのでしょうか。

OCNモバイルONE

基本使用料はデータSIMが月額1100円、通話SIMが1800円と相場よりもやや高めになっています。しかし通話SIMの契約者であれば、050plusというIP電話アプリを基本使用料無料で利用できる特典がありますし、Secured Wi-FiやDo SPOTなどの公衆無線LANサービスを追加料金扶養で利用できる特典も付帯しています。

IIJmio

IIJmioの3GBの基本使用料が相場通りになっています。高速データ通信のオンオフを手動で切り替えできるサービスやデータ通信繰り越し機能、バースト機能などがあるので、合理的なデータ通信が可能となっています。

DMMモバイル

データSIMは月額850円から、通話SIMは月額1500円からとなっており、相場よりも安い料金設定となっています。高速データ通信のオンオフ機能や余ったデータ通信量の繰り越し機能、バースト機能などIIJmioと同等の機能が利用できます。

楽天モバイル

価格帯はデータSIM、通話SIM共に相場通りですが、利用できるデータ通信量が3.1GBとなっているのでちょっとしたお得感があります。楽天モバイルは毎月の料金支払いで楽天スーパーポイントが付与されますし、楽天モバイルを契約していることで、楽天市場での買い物で通常よりも多く楽天スーパーポイントが貰えるというメリットが有ります。

mineo

ドコモプランとauプランのデータSIMは相場通りの料金体系ですが、auプランの通話SIMは月額基本使用料が1510円と相場よりも安くなっています。またauプランのデータSIMは追加料金無しでSMSオプションが利用可能となっています。mineoは家族割や複数回線割など複数枚のSIMを契約することで、1回線ごとの基本使用料が50円割引になるので、複数枚のSIMの利用をお考えの方におすすめです。

FREETEL SIM

データSIM、通話SIM共に料金体系は相場通りとなっています。FREETEL SIMはLINE等のメッセンジャーアプリのメッセージのやり取りに使うパケット通信はカウントフリーとなっているので、お得にLINEが使えるというメリットが有ります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧