通信速度が500kbps前後のプランまとめ!

MENU

CLOSE

通信速度が500kbps前後のプランまとめ!

500kbps前後のプランの特徴

3888d0a9908a36780bbf9b5d1830bd31_s

MVNOが取り扱っている格安SIMには様々な通信速度のプランが有ります。定額料金でLTE通信がし放題のプランがある一方で、最大通信速度が250kbps前後となっている代わりに月額基本使用料が非常に安いプランの取り扱いがあったりするのです。そんな中、ライトユーザーからミドルユーザーが快適に通信できるおすすめとなるプランが、最大通信速度が500kbps前後のプランとなります。

音楽のストリーミング再生やIP電話アプリを利用した通話などを行う際の必要な通信速度は128kbpsから250kbpsとなっているので、500kbpsの速度が出れば現在人気となっている定額料金で音楽が聴き放題になるサービスは問題なく利用できますし、LINEの無料通話も問題なく利用できると考えられます。つまり500kbpsの通信速度があれば定番となっているスマホのサービスの多くが問題なく利用できるのです。

さらに通信速度が500kbpsに抑えられていることで、LTE通信が可能なプランよりも利用できるデータ通信量が多くなっていたり、基本使用料が安く抑えられていたりするので、お得に格安スマホの利用できるケースが多くなっています。

わかりやすくまとめると、最大通信速度が500kbps前後のプランは、LTE通信は必要ないけれど250kbps前後の通信速度では窮屈さ感じるというライトユーザーからミドルユーザーに最も適した格安SIMプランの一つだといえるのです。それでは具体的に500kbps前後のプランの取り扱いをしているMVNOにはどのようなものがあるのでしょうか。

500kbps前後のプランがあるMVNO

0a67244aecfe0b4e6ec44c3158d558d1_s

最大通信速度が500kbps前後のプランを取り扱っている代表的なMVNOがOCNモバイルONE、UQモバイル、TONEモバイル等となります。それぞれのMVNOの特徴などについて開設と比較をしていきます。

OCNモバイルONE

データSIMは月額1800円で、通話SIMは月額2500円で最大通信速度が500kbpsのプランが利用できます。データ容量は1ヶ月あたり15GBと大容量で3日間の通信制限などもないので、一定期間のまとまった通信を行った場合でも大丈夫という強みもあります。加えて通話SIMの契約者であれば050plusというIP電話アプリの基本使用料が無料になる特典があるので、音声通話がお得にできるというメリットも有ります。

UQモバイル

UQモバイルでは、データ無制限プランというプランの最大通信速度が500kbpsとなっています。データSIMは月額1980円から、通話SIMは月額1680円から利用可能で、データSIMは追加料金無しでSMSサービスの利用が可能となっています。なお利用できるデータ容量は無制限となっていますが、直近3日間の通信量が1GBを超過すると一時的に速度制限がかかることがあるので、短期間にまとまった通信を行う場合には注意が必要です。

TONEモバイル

TONEモバイルの基本プランでは最大通信速度が500kbpsから600kbpsとなっており、無制限にデータ通信を行うことができます。但し、短期間に他のユーザーに影響を及ぼすような大量のデータ通信を行った場合には一時的に速度制限がかかることがかかることがあるので注意が必要です。

TONEモバイルは、全国展開しているオフィシャルショップをはじめ、全国のTSUTAYAの店頭窓口で契約が可能ですし、オリジナルの格安スマホのセット購入がができたり、毎月の料金支払いでTポイントが貯まるなどの数々のメリットがあるMVNOとなっています。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧