格安スマホの選び方

現在様々な種類の格安スマホが販売されていますが、今回はそんな格安スマホの選び方についてまとめていきたいと思います。まず、格安スマホというのはややこしいですが、文字通り機種代金が安いことを指している場合と、通話・データ通信量が安いことを指している場合の2種類が存在します。後者は格安SIMといった別名も存在しています。

機種代金が安いスマホは、各社からでていますが、AndroidOSが搭載された製品が多いです。中でもオススメはFREETEL社から出ているシムフリーのAndroidスマホです。これらは1万円~2万円台という非常に安価な価格で手に入れることができます。スマホとして基本的な機能は揃っておりますし、別途アプリをダウンロードすれば追加機能も使えます。レスポンスは高額なiPhoneなどに比べると悪いですが、値段以上の性能は十分にあります。何よりシムフリーだという点が最も重要です。格安スマホを選ぶ際は、なるべくならシムフリー機種選んだほうが無難です。この点については次に説明します。

データ通信量の安さを求める場合、選ぶべきなのがMVNOから出ている格安SIMです。これはドコモ、au、ソフトバンクの主要三社とは別に、格安でデータ通信を利用することができるSIMとなっています。細かい説明はややこしいので省きますが、とりあえずこれらと契約すると、月々のデータ通信量を2000円以下に抑えることが可能となるわけです。速度的にもほとんど問題なく扱えるため、利用しないほうが損と断言できます。ただここで注意したいのは、ほとんどの格安SIMがドコモのみに対応しているということです。先に上げたシムフリー機種かドコモでなければ格安SIMはほぼ利用できませんので、格安スマホに乗り換える際は最も気をつけるべきポイントとなります!